【レビュー体験談】無印良品おすすめ「BON(ボン)」のフォトブックを注文してみた!感想と口コミ評判まとめ

BON(ボン)は無印良品のMUJIBOOKSが推奨しているフォトブックサービスです。
無印良品らしい、シンプルでスタイリッシュなデザインが魅力的です!

まち

この記事では、実際に私がBONでフォトブックを注文したレビューや口コミ評判などをまとめています!

ぜひ最後まで読んでくださいね!

BON(ボン)の基本情報

価格1,800円~
サイズA6・A5・B4
送料180円~
納期約2~3週間で出荷
発送方法ゆうメール・ゆうパック
支払い方法クレジットカード・コンビニ前払い

無印良品らしいシンプルなデザイン♪

手触りのいい表紙が魅力

目次

BON(ボン)のフォトブックのレビュー

まち

実際にBON(ボン)の公式サイトからフォトブックを注文したので、さっそくレビューしていきますね!

BONは注文をしてから約2~3週間で出荷となっています。
私は注文してから2週間くらいで「発送しました!」というメールがきました。

厚みのある、しっかりとしたクラフトの封筒に入って発送されてきました。
無印良品っぽくていいですね!

封筒の裏面に開け口がついてます。
ハサミいらずで開封できるのが嬉しいです!

中にはお礼状とフォトブックが入っています。
フォトブックはビニール袋に入っているため水濡れの心配がありません♪

今回注文した S サイズはクラフト紙の表紙です。
厚みがあって結構しっかりとしています!

まち

他のフォトブックではクラフト紙の表紙で作れません。BONだけのオリジナルです♪

「無印良品の店頭にこのフォトブックがあっても違和感がない」というくらい、無印良品っぽい雰囲気が魅力的!

まち

素朴で温かみがあります♪

アルバムのタイトルは表紙ではなく背表紙に入ります。
今回は上段を「思い出のアルバム」下段を「1歳~2歳まで」にしました。

アルバムタイトルの反対側には「MUJIBOOKS」のロゴが入っています。
無印良品好きとしては、これだけでテンションがあがります…!

BONのフォトブックは「開いたらいきなり写真」ではなく、表紙と本文の間に遊び紙(何も印刷されていない紙)が入っています。

フォトブックはページを開くのが硬めの印象です。
手でページを押してなじませたり、何度も開いたり閉じたりすると開きやすくなります。

BONのフォトブックはフルフラットではないので、綴じ側に顔を持ってくると見えづらくなります;;

まち

上のページは綴じ側に顔がきちゃったので見づらいです…

写真を配置する際は注意してくださいね!

フォトブックの最後のページにはバーコードとフォトブックのタイトルが入ります。
最後のページにも遊び紙が入っているので、余韻に浸れます!

Mサイズも注文しました

前回は一番小さいSサイズのフォトブックを注文しましたが、今度はMサイズを注文しました!

こちらは表紙がクラフト紙ではなく麻布です。

まち

すっごく手触りがいい!!

クラフト紙もなかなか良かったのですが、こっちも無印良品っぽいくていい感じです…!
麻布が表紙のフォトブックは他にはないし、何より高級感があります!

まち

BONでは「S」がクラフト紙の表紙、「M・XL」が麻布の表紙となっています。

無印良品が好きな人にはおすすめしたい1冊!
ぜひBONでフォトブックを作ってみてくださいね。

無印良品らしいシンプルなデザイン♪

手触りのいい表紙が魅力

BON(ボン)のフォトブックの画質

BONのフォトブックの画質が気になる人も多いと思うのですが、実際に注文をしてみて「そこまで画質は良くないな」と思ったのが正直な感想です…。
撮ったままの写真がそのままフォトブックになるといった感じです。

まち

上記は「写真が暗かったかな?」と思ったページです。
自分で写真を明るくしてからフォトブックを作ったほうがよさそうです!

BONのフォトブックは画質を求める人というよりも、無印良品のようなデザインが好きな人におすすめです。
このフォトブックが店頭に並んでても違和感がないと思うくらい、本当に無印良品っぽいデザインです!

まち

他のフォトブックにはない、クラフト紙や麻布の表紙も魅力です♪

無印良品らしいシンプルなデザイン♪

手触りのいい表紙が魅力

BON(ボン)のフォトブックのメリット・デメリット

まち

実際にBONを注文してみて感じた、メリット・デメリットを紹介します!

BON(ボン)のメリット

誰でもおしゃれに作れる

BONは無印良品のMUJIBOOKSが推奨しているフォトブックということもあり、デザインがかなりシンプルです。

写真を配置するだけで、誰でも無印良品のようなシンプルでおしゃれなフォトブックができちゃいます!

自動配置でらくらく編集♪

BONには写真を自動で配置してくれる「自動配置」という機能があります。
パパっとフォトブックを作りたい人はぜひ利用してみてくださいね!

表紙の手触りがいい

つるっとした手触りのフォトブックが多いなか、BONのフォトブックの表紙はクラフト紙、もしくは麻布のどちらかです。

他のフォトブックとは違った雰囲気にしたい人におすすめですよ♪

アプリ不要でスマホからでも作れる

スマホでフォトブックを作る場合は専用のアプリをインストールしないといけない場合が多いのですが、BONはアプリのインストールが不要でフォトブックが作れます。

スマホのホーム画面がアプリだらけにならないので助かります!

BON(ボン)のデメリット

ページの追加ができない

写真の枚数に応じてページを追加できるフォトブックが多いなか、BONでは決められたページ(24Pか48P)でしかフォトブックを作れません。

納期まで時間がかかる

BONで注文したフォトブックの納期は、注文から約2~3週間後となっています。
他のフォトブックよりも時間がかかるので、急いでる人は注意してくださいね!

BON(ボン)のフォトブックのサイズと価格の比較

BON(ボン)は仕上がりやサイズによって価格が変わります。
比較できるように表を作ったので、注文の際の参考にしてくださいね!

サイズ表紙の写真24P48P
S
(109 × 151)
-2,300円
1,800円-
M
(151 × 212)
-3,300円
2,800円-
XL
(260 × 366)
8,000円 -

「S」はA6、「M」はA5、「XL」はB4です。
Sのみクラフトの表紙で、MとXLは麻布の表紙となっています。

まち

今回私は「S」と「M」を注文しました!
Mサイズは麻布の手触りが気持ちいいです♪

ページ数は決まっているため、増減ができません。注意してくださいね!

BON(ボン)のフォトブックの割引クーポン

まち

少しでもお得にBON(ボン)でフォトブックを作りたいですよね!

BON(ボン)でフォトブックを作るときに利用できるクーポンを探してみましたが、残念ながら現在は割引クーポンはないようです。
過去に500円引きのクーポンが発行されたことがあるので、またの機会に期待です…!

BON(ボン)のフォトブックの送料と納期

送料

BON(ボン)のフォトブックの送料はフォトブックの大きさと注文冊数によって変わります。

サイズ表紙の写真24P48P
S
(109 × 151)
-(1冊)215円
(2冊)310円
(1冊)180円
(2冊)215円
-
M
(151 × 212)
-310円
(1冊)215円
(2冊)310円
-
XL
(260 × 366)
1,000円
-

S・Mはポスト投函のゆうメール、XLは手渡しのゆうパックでのお届けとなります。

納期

BON(ボン)のフォトブックは、注文から約2~3週間で出荷されます。
お届けまでに時間がかかるので、余裕をもった注文がおすすめです!

BON(ボン)のフォトブックの支払い方法

BON(ボン)のフォトブックの支払い方法は2つあります。

支払い方法手数料
クレジットカード無料
コンビニ前払い無料
まち

どちらの場合でも手数料無料は嬉しいです♪

BON(ボン)でフォトブックを注文をするながれ

まち

これからBON(ボン)でフォトブックを作る人のために、注文までのながれを画像つきで詳しく解説していきますね。

STEP
公式サイトへいく

BON(ボン)の公式サイトに行きます。

公式サイトで、作りたいフォトブックのサイズとぺージ数を選びます。

まち

BON(ボン)では、3つのサイズ・2つのページ数からフォトブックを選べます。

サイズ表紙の写真24P48P
S
(109 × 151)
-2,300円
1,800円-
M
(151 × 212)
-3,300円
2,800円-
XL
(260 × 366)
8,000円 -
STEP
デザインを編集する

作りたいフォトブックを選んだら、ページの編集をします。
BON(ボン)では、たくさんのレイアウトなかから好きなデザインを選んで写真を配置できます。

まち

BON(ボン)ではページ数の追加ができないので、既定のページ内に写真が収まるように配置していきましょう♪

自動配置で写真をらくらくレイアウト♪

BON(ボン)には自動で写真を配置してくれる「自動配置」のボタンがあります。
パパっとフォトブックを作りたい人はぜひ利用してみてくださいね!

STEP
プレビューで仕上がりを確認

写真の配置が完了したら、プレビューでページを確認してみましょう!
タイトルはあとで入れるので安心してくださいね。

STEP
配送先や支払い方法を設定

デザインの編集ができたら右上の「オーダー」のボタンを押し、数量や発送先住所、支払い方法を選択します。

まち

ここでフォトブックのタイトルを入力します。

タイトルは2段入れられます。
上の段は8文字、下の段は16文字まで入れられます。

STEP
注文完了!

注文内容を確認し、注文確定のボタンを押したら完了です!

無印良品らしいシンプルなデザイン♪

手触りのいい表紙が魅力

BON(ボン)のフォトブックのよくあるFAQ

まち

BON(ボン)でフォトブックを作る際によくある質問をFAQ形式でまとめました。

スマホからでもフォトブックを作れる?

スマホからでもフォトブックを作れます。
アプリのダウンロードは不要なので、そのまま公式サイトからどうぞ!

BONの公式サイトはこちら

自分以外を配送先に指定できる?

無印良品のフォトブック「BON(ボン)」では、「支払いは自分・送り先は他の人」というような指定をすることができます。
ただし、配送先は1つしか指定できません。

バーコードを消せる?

BONのフォトブックでは、最後のページにバーコードが印刷されます。
このバーコードを消すことはできません。

まち

私は気になりませんが、バーコードを消したい人は注意してくださいね!

まとめ

こんな人におすすめ
  • シンプルで上質なものが好き
  • パパっとおしゃれなフォトブックを作りたい

BON(ボン)は無印良品のMUJIBOOKSが推奨しているだけあって、シンプルなのにきちんと感があるフォトブックが作れます。クラフト紙や麻布の表紙も他にはない特徴なので、他とは違うフォトブックを作りたい人にもおすすめですよ♪

まち

写真を配置するだけで、あっという間におしゃれなフォトブックのできあがり!
ぜひBON(ボン)のフォトブックをチェックしてくださいね。

無印良品らしいシンプルなデザイン♪

手触りのいい表紙が魅力

目次
閉じる